中島こうやクリニック

 お電話でのお問い合せはこちら 

main_title
>>ホーム
ニコチン依存症
内服禁煙治療薬の作用機序
禁煙治療を保険で受けられる人は?
禁煙治療のスケジュールは?
ニコチン依存症
喫煙は、いろいろなガン、呼吸不全(COPD)、動脈硬化、不妊や妊娠合併症の原因となります。

タバコは身体に悪いと分かっていても、なかなかやめることができません。

それは、タバコに含まれるニコチンが、麻薬と同じような強い依存性を持つからです。


1.タバコを吸うと、ニコチンが数秒で脳に到達し、快感を生じさせるドパミンを放出させます。

2.ドパミンが放出されると、快感を味わうと同時に、またタバコを吸いたいという欲求が生まれます。

3.その結果、また次の1本を吸って快感を得ようとします。

→この繰り返しが、「ニコチン依存症」になっていくのです。

4.タバコを吸い終わって時間が経つと、イライラが増えて落ち着かなくなってくるのは、血液中のニコチンの濃度が下がることにより、ニコチン切れの症状、すなわち「離脱症状」が起きるためです。

→この離脱症状が、タバコをやめたくてもやめられない大きな原因になっているのです。

禁煙のための治療薬」は、「離脱症状」を軽くすることによって禁煙を助ける「ニコチン依存症治療薬」です。
 
上へ
内服禁煙治療薬の作用機序
内服禁煙治療薬(チャンピックス)は脳の神経細胞のニコチンが結合する部位(ニコチン受容体)に結合します。


タバコを吸ってもニコチンがニコチン受容体に結合することができず、喫煙による満足感が得られません。


神経細胞から少量のドーパミンが放出されるため、離脱症状を軽くすることができます。
 
上へ
禁煙治療を保険で受けられる人は?
次の4項目を満たしている人は保険適応となります。

1.直ちに禁煙しようと考えている人

2.TDS(問診票)によりニコチン依存症(TDS5点以上)と診断されている人

3.ブリンクマン指数(一日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上であること

4.禁煙治療を受けることを文書により同意していること
 
上へ
禁煙治療のスケジュールは?
最初の3日間は0.5mgを1錠、次の4日間は0.5mgを2錠、それ以降は1mgを2錠内服します。

内服期間は合計12週間です。

内服開始8日後より禁煙を開始します。

初回、2週間後、4週間後、8週間後、12週間後に来院していただきます。

(注意)内服治療中は車の運転はできません。
 
上へ

友人に教える
お問い合わせ

ホーム
上へ

MENU
当院のご案内
院長ご挨拶
健康診断
予防接種
総合内科専門医
消化器・肝臓外来
禁煙外来
アンチエイジング
ホルモン補充療法
キレーション療法
高濃度ビタミンC点滴療法
料金のご案内

中島こうやクリニック
このサイトは携帯電話向けサイトです。
携帯電話でご覧ください。